気軽に着てみたい!普段にも着られる着物ってどんな着物?

普段着として楽しめる着物の素材や柄は?

手軽に着られる素材ってあるの?

着物にどんなイメージを持っていますか?単純に、着物=フォーマル、と考えてしまっていませんか?
確かに着物は留袖や振袖、それに訪問着などがありますが、最近は浅草や鎌倉など遊びに行った先で着物を着ることができ、その街を歩くことができるようなレンタルショップもあったりします。
確かに未婚の女性の第一礼装とされており、主に成人式や結婚式などのようなフォーマルな場で着用することができます。
黒留袖は既婚者がお祝いごとで着るものとなります。色留袖というものもありますが、これは色が黒色でないもののことをいいます。以前は黒留袖と同じく既婚者が着る着物とされていましたが、今は既婚未婚問わず着ることができるようです。ゲストとして参加する結婚披露宴やパーティーで着用します。
訪問着は色留袖よりもさらに幅広いシーンで着ることができるもので、着物の模様もさまざまとなっています。
浴衣もカジュアルな着物の一つで、夏の暑い時期や夕涼みに適しており、気軽に着ることができますよね。
お稽古事や子どもの入園式や卒業式などで着物を着ている女性を見ると、凛としていて素敵だなと思ってしまいます。洋服とはまた違った印象を与えてくれる、素敵な服だと思いませんか?
着物は絹製品で手入れが大変という印象がありますが、今は生地も自宅で洗うことができるものや、ワンタッチでつけることができる帯などがでてきています。
洋服と同じように楽しめたらいいですよね。

おすすめリンク

洋裁教室を東京で始めたい

東京都内で洋裁教室をお探しですか?探し方のポイントをあなただけに教えちゃいます。

着物はフォーマルな場以外でも楽しめます!

着物というと絹を使用した保管が難しいものと考えますが、最近ではシャツやドレスなど普段からよく着るような服に使用されているポリエステル素材の着物や木綿の着物が売られています。 普段着慣れている素材であれば、たとえ着物が初心者でも思ったより気軽に着物を楽しめそうな気がしませんか?

洋服みたいな柄もあるの?

着物といえば花や扇子柄、鶴のような柄だけではありません!今は幾何学模様やネコなどの動物、水玉やストライプといった柄だってあります。 そして色もシックなものから派手なものだったり、アンティークものであれば色の組み合わせが独特であったりして可愛いんです。

普段着として着る着物に合う小物は?

堅苦しく考えることはないんです。着物にマフラーや手袋だって合わせても素敵ですよ。バッグも小ぶりのものから大きめのものまで合わせることができますし、寒い時期にはファー素材のものと合わせてみるなど、楽しみ方は様々です。 柄物の足袋でさりげないおしゃれをするのもいいですね。